+Profile
このブログは「REDWELL」のコンテンツの一部です。
+Twitter
+RECOMMEND
A
A (JUGEMレビュー »)

オウムを内部から撮ったドキュメンタリー。価値観変わりますよ。
+OTHERS

無料ブログ作成サービス JUGEM

paperboy&co.
RSS 1.0
ATOM  0.3
<< December 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |
ハッスル・マニア2005
バイトも15時で上がり急ぎで新横浜へ。
今日はハッスル・マニアの日ですよ。
レイザー・ラモンHGや和泉元彌が出るんですから
期待も高まるってもんですよ。
そんなわけで横浜アリーナに向かうと
すでに人で溢れ返ってて大変なことに。
なんとか席にたどり着き開始を待つ。
GM草間が登場と同時にハゲコールの嵐。
GMはすっかり舞い上がってぐだぐだな開会宣言(笑)。

オープニングハッスル
ジミー・ヤン  VS  飯伏 幸太
カズ・ハヤシ     石森 太二

正直そんなにプロレスに詳しいわけじゃないので
誰なんだろう・・・って感じでみてました。
会場の多くの人たちもそうだったはず。
でも試合は非常にスピーディで見栄えのするものでした。
はじめてプロレスの試合を観た気がしました(笑)。


第一ハッスル
デビル夫人     ジャガーY
Erica    VS  アリシンZ
マーガレット    ブランカX

ジャガーYは鬼嫁だったよね?
Ericaはやっぱり強かったです。


第二ハッスル
長州 力   VS  坂田 亘
藤原 喜明      マーク・コールマン

Xとして登場したのが藤原組長!
すごい好きだったので生で見れて感動した!
もうね、すごい地味な技の連続で(笑)。
コールマンがタックルでグラウンド奪っても
うまーく切り返しててよかったです。
長州のラリアットもすごかったね。
坂田がぐるんぐるん回ってたし。
最後はコールマンの拳が入っちゃったけど
総合ルールじゃないんだからそりゃダメだよ・・・(笑)。


第三ハッスル
鈴木 健想 with 鈴木浩子
      VS
和泉 元彌 with セッチー鬼瓦軍団

いきなり和泉元彌が出て来ず
「かけもちはしてもダブルブッキングはしません」
と和泉節子が笑いを誘い
その直後に上の方から黄金に輝く元彌が
吊るされて降りてきました(笑)。
試合は・・・まぁ元彌がんばったよね。
ビンタとかいろいろくらって普通に苦しそうだったけど
耐えて空中元彌チョップからホールドで勝利。
鈴木浩子のパウダー攻撃も見れたし
まぁよしとするかってくらいの内容でした。


ハッスル・ブレイクの間に物販に行くと
猫ひろしがネタやっててびっくり!
アンコール連発してました。


第四ハッスル
ハッスル仮面レッド      ザ・ネオデビル・ピエロ1号
ハッスル仮面ブルー  VS  ザ・ネオデビル・ピエロ2号
ライオセイザー        ジャスティライザーグレン

高田総統に洗脳されたジャスティライザーの
正義の心を取り戻す戦いでした(笑)。
子供がすごい応援しててかわいかった。
「ちびっこのみんなも大きなお友達も」というセリフがおもしろかった。


第五ハッスル ハッスル・スーパータッグ王座決定戦
金村 キンタロー  VS  安田 忠夫
田中 将斗         天龍 源一郎

天龍かっこいいね。
年のせいか動きはそこそこだったけど
昭和プロレスラーのかっこよさを見せてもらいました。
キンタローと田中将人のいつも通りのテーブル攻撃もよかった。
最後は安田がベルトをオークションに出す宣言で
いきなり天龍と決裂の危機でした。


メイン・ハッスル
      HG                  インリン様
“キャプテン・ハッスル”小川 直也  VS  “モンスターK”川田 利明
“ハッスルあちち”大谷 晋二郎        アン・ジョー司令長官

HGの登場が今回の一番の盛り上がりの瞬間でした。
HG・川田・インリン様がよかったね。
HGは想像以上にプロレスが出来ました。
さすが学生プロレスやってただけあるね。
リングの外に出た時に悶絶してたのは痛々しかったけど
がんばって腰を振ってました(笑)。
大谷も必殺技出してがんばってたし。
小川はなんか最近、影が薄いよなぁ。


最後の試合終了後にいつものように高田総統が登場。
HGとのマイク合戦はHGに軍配。
ってかHG、子供たちの前で下ネタ連発しすぎ(笑)。
インリン様は倒れたまま川田に運ばれて
柩に入れられて消えていきました。
しばらくは登場しないっぽいなぁ・・・。
締めはHGによる「ハッスル・ハッスル・フォー!」でした。
かなり楽しめたイベントでした。
ただ、メインのはずのプロレスラーの存在感が薄くなってるのが心配。
今後のハッスルはどうなっていくのかもまったく見えないしね。
ちょっと気になります。

http://www.hustlehustle.com/
| スポーツ | 23:26 | comments(0) | trackbacks(0) |
ハッスル・ハウスVol.10
ハッスル・ハウスVol.10を見てきました。
今回のオープニングムービーは
ドラマの電車男ばりに掲示板でのやりとりでした(笑)。
前回見に行ったときはHGの登場に沸きましたが
今回は鈴木健想と和泉元彌の登場に沸きました。
試合はどうだったかな。
第一試合はヒーロー対決。
全体的にぐだぐだ・・・。
ハッスル仮面のイエロー(デブ)の人気がどんどん上がってますね。
こいつだけいい感じだった。
第二試合はEricaの上手さがよかった。
試合運びや客の煽りなどがやっぱ慣れてて上手い。
いいプロレスを見せてもらいました。
第三試合は藤井軍鶏侍が弱すぎ。
マーク・コールマンがつえぇって感じでした。
セミ・ハッスルはジャイアント・シルバにびびった。
象とか見た時にでかいなーって感じる印象を
まさか人間相手に感じるとは・・・。
あのでかさは反則やね。
メイン・ハッスルは川田と石狩太一が熱かった。
石狩は大技を受けまくってたけど
ほんとに気合で立ち上がったと思う。
川田が最後に放ったパワーボムは強烈だったなぁ。
あれは立ち上がれませんよ。

そんな感じで楽しめたハッスルでした。
帰りにハッスルのスタッフに写真を撮られました。
そのうちハッスルのサイトに載るかも・・・(笑)。
次は11月3日の横浜アリーナだ!

http://www.hustlehustle.com/
| スポーツ | 23:35 | comments(0) | trackbacks(0) |
ハッスル・ハウス Vol.9
後楽園にハッスルを見に行って来ました。
えぇ、あのハッスルですよ!
格闘技を見に行くのは初めてですがよかったですよ。
プロレスは純粋な格闘技とは言い難いですが
相手の技をあえて受けるので迫力は抜群でした。
後楽園ホールとか名前は有名なので大きいのかと思ってたら
ほどほどの広さで見やすくてよかったです。
プロレス自体の内容はそこそこって感じでしたけど
演出が非常に面白くて飽きずに見れました。
ストーリーが明確に繋がっているので次も見たくなるし。
せっかく見に行ったので試合の感想など書いてみます。

1試合目はハッスル仮面のレッド・ブルー・イエローと
鬼蜘蛛の赤・青・黄の対決でした。
軽量の選手だったのかな?
動きが機敏で派手で見栄えのする技の押収でした。
ハッスル仮面イエローが一人だけ図抜けてでかくて
最後はイエローのダイビングボディープレスから体固めで
黄・青の二人の鬼蜘蛛をまとめてフォール。
巨体に似合わぬ機敏さが面白かったです。
試合の後で喜びに浸るハッスル仮面に突然襲い掛かる影が・・・。
現れたのは高田総統に洗脳されたジャスティライザー。
TVで放送されてる本物の特撮ヒーローとのこと。
11月3日のハッスル・マニアで対戦と相成りました。

2試合目は藤井軍鶏侍と安田忠夫。
これはあっけなかった。
前回のハッスルで安田はパイプ椅子で小川を殴り流血させたようで
その仕返しのために藤井はパイプ椅子を持ってきてたんだけど
逆に奪われて脳天に叩きつけられてそのままフォール。
1分ちょっとの試合だった。
安田のマイクパフォーマンスはよかったけど
安田が出した技がキックくらいしかなかったのが残念。
安田のテーマ曲がウルフルズの「借金大王」なのが面白かった。

3試合目はErica、マーガレット、カズ・ハヤシと
アリシンZ、ブランカX、ザ・モンスターJの対戦。
ザ・モンスターJが引き締まった大きな体と機敏な動きで会場を魅了。
技を出す度に会場から発せられる「J」のコールが面白かった。
Ericaのキス攻撃は正直衝撃だった・・・。
最後はカズ・ハヤシがファイナルカットから片エビ固めで勝利。
試合前に下剤を盛られていたカズ・ハヤシは
急いでリングから駆け下りていきました・・・(笑)。

ここで休憩が入ったんだけど
新しいGMを決めるための
ハッスル総選挙とかいうのをやってて
その投票方法の説明に摩邪が出てきて大盛り上がり!
アドリブも効くし面白かったです。

休憩後は4試合目。
セミハッスルの試合は田中将斗、黒田哲広と
坂田亘、マーク・コールマンの対戦。
PRIDE GPを制したこともあるマーク・コールマンが
なぜだかアル中キャラで登場。
試合中に酒に溺れて負けていきました・・・。
でも、試合はすごかった。
ヘヴィー級の試合はシンプルな技も迫力がすごい!
場外乱闘や大技も出て大満足の試合でした。
個人的に今日2番目に印象的だったシーンはこの試合で
パイプ椅子で殴りかかられたコールマンがガードした際に
逆にパイプ椅子を破壊してしまったこと。
こいつの実力は本物だ・・・と思いました。

5試合目は
“ハッスルK”川田利明、“ハッスルあちち”大谷晋二郎、
崔領二、石狩太一、日高郁人と
RAIJIN、FUJIN、ザ・モンスター℃、
クイック・クック・リー、キング・ギラファの
5対5の変則マッチでした。
高田モンスター軍団登場の際にインリン様も降臨!
会場からは「インリン様ーっ!!!」とドドメ色の声援が・・・。
残念ながらM字開脚は見れませんでしたが
生で見ると思ったよりかわいかったです。
やっぱ芸能人ってすごいなと。
で試合ですが今日の1〜4試合の集大成みたいな感じで
軽量のスピードもヘヴィーのパワーも盛り込んだ感じでした。
大谷はハッスルの中に居場所を見出してる感じはするけど
川田は正直ちょっと浮いてる感じがした。
それが逆に川田の王道プロレスを見たいと思わせた。
川田の技の時には「K」、
ザ・モンスター℃の技の時には「C」と会場からコール。
会場と一体になった感じはライブで大合唱してるのと同じ感じがした。
最後は大谷がスパイラルボムからエビ固めで勝利。
大技でかっこよくきめた!
と思ったら客席側から突如レイザーラモンHG(ハードゲイ)が登場!
僕が座ってたすぐ横から登場だったのでびっくり。
ものすごい腰の振りっぷりでした。
今までのプロレスはなんだったのか・・・・
と思うほどの会場の盛り上がりに大田にも川田もまいってました(笑)。
そこにさらに高田総統が登場!
小川とは違ってマイクパフォーマンスがめっちゃうまくてびっくり。
次の名古屋でのハッスルでハッスル軍が勝てば
11月の横浜アリーナでのハッスル・マニアで
小川と高田の一騎打ちが実現することに!
それは見に行きたい・・・。
と思う僕は高田総統の「ビターン!」に洗脳されたのでしょうか・・・(笑)。

ちなみにパンフレットとリストバンドを購入。
インリン様Tシャツも買いたかったけど
バックプリントがカッコ悪すぎた・・・。
表だけだったらかっこいいのにな。
小川のI'm CHIKENパーカーはもうちょっと安かったら買ったかな。
でも、寒くなってきた時期だったら買ってたかも・・・(笑)。

ハッスル・オフィシャル・ウェブサイト
| スポーツ | 00:20 | comments(0) | trackbacks(0) |
マイケル・ジョーダン / HIS AIRNESS 特別版
田臥について調べたりしてるうちに
バスケ熱が再燃してきて
NBAのHPとか見てるうちに
マイケル・ジョーダンが見たいなぁ
と思ってなんとなくAMAZONで調べてみたら
2100円という破格の値段で
マイケル・ジョーダンのDVDが出てる!
これは買わねばと渋谷のタワレコに行って
店員のおねーちゃんに聞いたら
「ずっと品切れだったんですけど
 今ちょうど入荷したとこなんで
 待っててもらえれば倉庫から探してきます」
とのこと。
まさに運命を感じた一瞬でした。
ガチャピンDVDと共に買ってきてて
見る暇がなくて今日はやっと見れたんだけど
これが最高でしたよ。
ジョーダンの歴史が分かると共に
ジョーダンのパフォーマンスの中でも
特に素晴らしいものが映像特典として集められてて
安いしボリュームもあるし
まさに買いな1本でした。
芸術的な美しさですよ。
スラムダンクファンも必見ですよ。
スラムダンクの名シーンとリンクする場面が多々ですから。
あえて苦言を呈するならば
すごいシーンばっかり集まりすぎて
バスケをあんまり見たことない人だと
それが普通に見えちゃうんじゃないかなぁってとこかな。
あと、ゲームの流れの中でそのシーンがどういうものか
もっと分かれば更に感動って感じでしょうか。
試合がまるまる入ったDVDなんかがあれば
それも買っちゃうのになぁって思いました。
ジョーダンは神でした。
ジョーダンを超えるプレイヤーはまだ出てないですね。
コービー・ブライアントとかアレン・アイバーソンには
あのレベルを目指して頑張って欲しいですね。

マイケル・ジョーダン
| スポーツ | 21:59 | comments(9) | trackbacks(0) |
祝!イチロー最多安打記録!!
まだ試合中ですがとりあえず現段階で258本の新記録です!
新記録打った後のイチローの笑顔を見てたら
なんか涙が出てきた。
ちょっとないくらい感動した。
道を極めた人は美しいね。
| スポーツ | 12:11 | comments(5) | trackbacks(21) |
今こそ野球が面白い!
イチローはホントにもう言葉がないですね。
メジャーリーグが続く限り
歴史に残り続ける記録ですから。
ジョージ・シスラーの記録も一世紀近く破られてないわけで
イチローという名もそれくらい長いスパンで残るわけですよ。
まさに歴史の1ページを目の当たりにしてるわけで
彼と同時代に生きられてホントにラッキーだなぁと思います。
あと3試合で2本打てば新記録なんで
まぁイチローなら間違いないだろうし。
この記録を抜けるのはイチロー本人しかいないんじゃないかな。
そんなイチローの影に隠れちゃってるけど
松井秀喜がすごい。
ホームランが31本、打点は108。
これはアメリカンリーグでどちらもトップ10レベルです。
さらに打率が.299と3割までもうちょっと。
3割30本100打点を残せるバッターって
メジャーでも10数人ですから。
メジャーって30チームあって
スタメンで出る9人だけを考えても
270人いるんですよ。
その中で10数人に入るようなバッティングを
松井秀喜はやってるってことです。
これはホントにすごいこと。
ホームランがすごいとか単打がすごいとか
一芸に秀でてる人はスーパースターになれるわけで
そゆ意味では松井秀喜はまだスーパースターではないわけですが
バランスのいいバッティングが出来てチャンスに強いわけで
これくらい信頼できるバッターはそうはいないわけです。
目立たないけどホントはすごいってのは
なんか松井秀喜らしくていいじゃないですか。
日本にいた時もそうだったけど
翌年には必ず進化するのも松井秀喜の特徴で
2年目でここまで適応できたんだから
来年はホームラン数ももっと期待できるだろうし
かなり面白いと思うんです。

メジャーだけでもこれだけ面白いのに
さらに日本球界も面白い。
パ・リーグが非常に熱いんですよ。
プレーオフ・システムは始まる前は
実際どうかなぁと思ってたんですが
蓋を開けてみれば3位争いが非常に面白かった。
僕は今年は千葉ロッテを応援してたので
結果は残念でしたけれども
かつて日ハムファンとロッテファンが
こんなに熱くなれたことがあったでしょうか?(笑)
普通に考えたらダイエーの圧勝なんですよ。
それがプレーオフによって他のチームも可能性が出てきた。
プレーオフ進出を賭けて戦ってる時も熱いし
プレーオフは日本シリーズとシステム的に近くて
ほとんど一発勝負なノリなので
なんとか3位以内に食い込めば
優勝の可能性も見えてくるわけですよ。
これは導入して大正解でしたね。
見てて明らかに面白くなった。
セ・リーグはまぁ予想通り中日ですね。

球界再編騒動は正直なところ悲しかったですが
その結果はプロ野球の発展の可能性が見えてきた。
こういう風に将来の可能性が見える構造改革のためなら
今回のストのような痛みにも
耐えられるんじゃないかと思いますね。
どっかの政府与党と違って。
楽天とライブドアが競いあってますけど
今年はとりあえずどちらか一方でしょうね。
とりあえず6・6にしておけば
日程が組みやすいですからね。
あと本拠地の問題から言ってもそうでしょう。
あっ、でもかつての巨人と日ハムのようにすれば
球場が1つでも可能なのかな。
秋田球場も使うようですしね。
東北全体として2チームならありかな。
これからさらに球団数は増える方向に行くんじゃないかな。

この球団再編の波に乗って
石毛がやってくれましたね。
四国独立リーグ。
音楽・プロレスなんかもインディー化が進んでますが
野球というメジャー・スポーツでもとうとうきましたね。
アメリカの独立リーグは採算取れてるって話ですし
新しい流れとしてこれは非常に歓迎したい。
将来的には交流試合なんかもあっても面白いかなぁと思いますね。
インディーのプロレスラーもメジャーに上がってますし
インディーのバンドもオリコンに登場しますから。

いやー、ここ数年の野球は下火でしたけど
また熱い時代がやってきそうです。
楽しみ。
| スポーツ | 20:44 | comments(0) | trackbacks(2) |
田臥 勇太NBA入り!
ちょうど最近スラムダンクを読み返したところだったんですが
やってくれましたね、田臥。
サンズ入りですよ。
バスケットは日本では今ひとつマイナースポーツ扱いなので
ぜひとも活躍してもらって
メジャーリーグのイチローみたいなヒーローになって欲しいですね。

ついでなんで今年の夏のスポーツを振り返ってみると
オリンピックは面白かったです。
個人的にはシンクロが面白かったですね。
日本はすごい個性的で面白かったですが
ロシアは完璧すぎてあれは勝てんなぁと思いました。
あとは室伏ですかね。
金は金ですから喜んであげたいですね。
投げるところを真後ろから映した映像見ました?
ボーリングの一番重いのと同じ重さの玉が
広島市民球場なら外野の深いとこまで飛んでるよってくらい
ヒューンって飛んでいく様は圧巻でした。
オリンピックはちょうどバイト先が倒産したくらいの時期だったので
猫を抱っこして毎日見てました。
オリンピックをちゃんと見たの初めてかも。
意外と面白いのね。
でも今年の夏のスポーツで一番びびったのは
夏の甲子園で北海道勢が優勝したことね。
駒大苫小牧高校にはホントにおめでとうと言いたい。
| スポーツ | 22:17 | comments(0) | trackbacks(1) |
素朴な疑問
バレーボールの世界大会って
なぜいつも日本で行われるんでしょう?


| スポーツ | 20:04 | comments(0) | trackbacks(0) |
泣き虫  金子達仁:著
プロレスラー高田延彦の伝記です。
一時期、話題になったプロレス八百長暴露の本ですが
勝敗の決まっていない試合をしたことがなかった、とか
その程度のさらりとした表現で
そこに囚われすぎるといかんかな。
ドラマチックな人生というよりは
普通の人のように苦悩してきた人生。
そういう人間味だなぁと思う。
まぁ、この本が生んだセンセーションの結果として
ハッスルで高田総統となるための布石になってるかなとは思う。
プロレス界の八百長(あえてこの言葉を使うが)を暴露することで
ファンも含めたプロレス界の悪者となることで
ハッスルでヒール(悪者)となって
再びプロレスを盛り上げようというのがあったのかもしれない。
リアルファイトを求めてきた過程とその魅力を
この本では多く語っているんだけど
プロレスに憧れプロレスで強くなった高田にとって
やはりプロレスは大切なんじゃないかな。
桜庭が総合格闘技プライドのみで戦いながら
あくまでプロレスラーと名乗ってるのも
そういう共通する思い、みたいなのがあるのかな。
ほんとに壮絶な人生って感じじゃないんだけど
懸命に生きてきたからこそ
そこにロマンがあるような気がする。

高田総統キャラは、正直どうかとは思うが・・・(笑)。


泣き虫
| スポーツ | 20:11 | comments(0) | trackbacks(0) |
プロ野球
僕は物心ついたころから野球が好きで
ずっと巨人ファンでした。
だけど、ここ数年は巨人の球団運営が気にいらなくて
まぁ面白い野球を見せてくれるならどこでもいいやって
そんな気分だったのです。
でも、今年は巨人がさらにダメになったので
千葉ロッテを応援するぞって
みんなに公言してたのですが
やってくれました!
千葉ロッテ4連勝!
イ・スンヨプも期待に応え2試合連続アーチ!
小林雅も9試合で1勝4Sと大活躍!
役者がちゃんと仕事をすれば
どっかみたいにお金をかけなくても大丈夫なんですよ!
いやー、今年はライブだけじゃなく野球を見に
千葉マリンスタジアムに行くことになりそうだな。
ちなみにセ・リーグは今年も阪神だと思ってます。
優勝の鍵を握るのは中日になるでしょう。
巨人はチームとしては弱いと思いますよ。


| スポーツ | 10:44 | comments(0) | trackbacks(0) |
<< 2/3PAGES >>