+Profile
このブログは「REDWELL」のコンテンツの一部です。
+Twitter
+RECOMMEND
A
A (JUGEMレビュー »)

オウムを内部から撮ったドキュメンタリー。価値観変わりますよ。
+OTHERS

無料ブログ作成サービス JUGEM

paperboy&co.
RSS 1.0
ATOM  0.3
<< July 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< トワイライトQ | main | 靖国神社のみたま祭りに行った >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |
うる星やつら2 ビューティフル・ドリーマー  監督:押井守
平野文,古川登志夫,神谷明,島津冴子,杉山佳寿子,高橋留美子,押井守
押井守が脚本と監督を務めたうる星やつらの劇場アニメ。
「学園祭の前日」が何度も繰り返されたり
外の世界の時間が急激に流れていて浦島太郎状態になったり
街から出られなくなったり
夢と現実に境界がなくなったり
非現実的でとても押井守カラー全開の作品。
夢邪気が発する言葉が哲学的な内容で
娯楽アニメを越えて考えさせられるところもあった。
娯楽性との共存を考えたら
思想的な部分の深みはこれくらいがいいんやろなと思うし
ストーリーはほんとに面白かった。

ただ、これをうる星やつらでやる必要ってあったのか?
押井守のエゴが反映されすぎてしまって
原作者が意図したうる星やつらの世界観を壊してしまっていないか?
面白かっただけにその必然性への疑問の残るところ。
| 映画 | 00:51 | comments(0) | trackbacks(0) |
スポンサーサイト
| - | 00:51 | - | - |









http://noise1129.jugem.cc/trackback/883