+Profile
このブログは「REDWELL」のコンテンツの一部です。
+Twitter
+RECOMMEND
A
A (JUGEMレビュー »)

オウムを内部から撮ったドキュメンタリー。価値観変わりますよ。
+OTHERS

無料ブログ作成サービス JUGEM

paperboy&co.
RSS 1.0
ATOM  0.3
<< December 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< 祝杯! | main | 今日もふらふら >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |
本田竹広
とくダネ!を見てたら本田竹広さんの特集をやってた。
今年の1月に亡くなってたんやね。
僕が初めて見たジャズのライブが本田竹広さんだった。

お金がなかった大学時代に
吉祥寺SOMETIMEが安いと聞いたので友達と行った。
居酒屋以外の酒場に行ったことなかったため
BARという場所自体に緊張してたな。
演奏は1日に2〜3回やってたので
1杯で最後までいようと友達と話しながら
ドラムとベースのセッティングを眺めてた。
そこに作務衣っぽいのを着た酔っ払いが登場。
明らかに場違いな初老のじいさんに
お客さんが大歓声を送っていた。
その人こそが本田竹広さんだった。
ジャズのことを何も知らない僕たちは
「今日はハズレの日かな・・・。」なんて思ってた。
ヘラヘラした酔っ払いに期待できることなんて何もなかった。
本田さんがピアノに座った。
表情が変わる。
1つ目の音を発した瞬間に世界が変わる。
音が溢れる。
本田さんの内側にあるものが音となって溢れる。
ベースのソロになり本田さんは立ち上がって手拍子をする。
酔っ払っていて手拍子のタイミングがまったく合わない。
でもすごく楽しそうな表情。
ドラムのソロが終わりピアノが再び始まる。
鍵盤に触れた瞬間に再び表情が変わる。
演奏がどうだとかメロディがどうだとかコードがどうだとか
まったくそんなことが考えられなくなる。
そこにあるのは宇宙だと感じる。
1ステージ目が終わったところで僕たちは店を出た。
1時間ほどのステージだったと思うけど
完全に体力を奪われてしまった。
飲み込まれてしまっていた。
圧倒的に本物だった。

あの時以上の音楽体験はいまだ僕の中にはない。
いつかもう一度ライブを見たいと思っていたのに
本当に残念でならない。

本田竹広
http://www.thonda.com/
| 日常 | 09:36 | comments(2) | trackbacks(1) |
スポンサーサイト
| - | 09:36 | - | - |
モカも今日テレビ見た!
小さい頃から親がクラシックしか聴かせてなくて
でも自分でジャズを好きになった人だよね。
モカも一時期ジャズいいなって思ってた頃があったよ。
とくに誰のなんて曲が好きとかないけど。
自分の感性が変わったり、今までにないくらい感動したり
ってゆー物は大切にしたいよね。
のいずはこの人のピアノを生で聴けて、その世界を体験できてよかった。
言葉にすると薄っぺらになっちゃうけど…そう思う。
| モカ | 2006/11/14 10:43 PM |
おっ、モカも見てたんやー。
僕もジャズは詳しくないけど
ジャズだからどうとかそういうのは超えた人やったよ。
生で体験できないまま亡くなってしまった人がたくさんいて
見に行けばよかった・・・って後悔することが多いけど
偶然でも本田さんの演奏を聞けたのはホントによかったよ。
言葉にして伝えてくれて嬉しいよ。
薄っぺらだなんて思わないし。
ありがとね。
| のいず | 2006/11/14 11:21 PM |









http://noise1129.jugem.cc/trackback/732
和のこころ作務衣
敬天粋人ブランドの作務衣(さむえ)は、優れた品質と機能性、本物へのこだわりを持った粋な人のための上質な「さむえ」です。
| ユニフォーム・作業着の三敬 | 2006/11/14 6:26 PM |