+Profile
このブログは「REDWELL」のコンテンツの一部です。
+Twitter
+RECOMMEND
A
A (JUGEMレビュー »)

オウムを内部から撮ったドキュメンタリー。価値観変わりますよ。
+OTHERS

無料ブログ作成サービス JUGEM

paperboy&co.
RSS 1.0
ATOM  0.3
<< August 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< 彼女の誕生日 | main | JAZZ SEEN/カメラが聴いたジャズ  監督:ジュリアン・ベネディクト >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |
THE ANSWER  鈴木剛介:著
「ソフィーの世界」がファンタジーによる哲学への扉であるなら
この「THE ANSWER」は小説の形をとった
哲学のゴールかもしれない。
それくらいすごい本だと僕は思います。
僕は普段からいろんなことを考えては
それを誰かに語ってみたり
日記に書いてみたりしてるわけですが
そういうのを僕なんかの何万倍も深く考え続け
最終的に「世界=ことば」であり「認識=決める」だとして
すべての問いを解く答えを思考システムとして完成させて
それを布教する為の手段として小説化したって感じでしょうか。
正直なところ結構難しいところもあるので
100%咀嚼しきれたとは言い難いのですが
学者にありがちなワケの分からん言葉をこねくり回したような文章や
専門用語を羅列しただけの文章はほとんどなくて
基本的に誰にでも理解できる平易な文章を心がけているし
何度も読みたいと思わせるに充分な面白さでした。
「細分化された世界を繋ぐ存在になりたい」と願う僕にとって
哲学も宗教も科学も数学も
バガボンドもループも
ウルフルズもモンパチも
すべてを同列に扱うこの本は非常に参考になりました。
まぁまだまだ僕の「なんでなんで病」は治りそうにはありませんが。
純粋な小説としては評価しずらい部分はあるのですが
というか物語そのものは
その理論を説明する為のオブラートみたいなものなのですが
内容の面白さは保証します。
「2兀r=1」のTシャツ作って着ようかな。

THE ANSWER
| 小説 | 21:54 | comments(1) | trackbacks(1) |
スポンサーサイト
| - | 21:54 | - | - |
こんにちは。覚えていらっしゃますか? 『THE ANSWER』著者の鈴木剛介です。その節は応援、ありがとうございました。さて、私、このたび『THE ANSWER』10年ぶりの続編となる『ハートメイカー』という作品を出版いたしました。「最終理論」の最終進化系を、ぜひ、読んでみて下さい。まずは、下記「特設紹介サイト」まで、遊びに来て頂けましたら嬉しいです。今回も、どうぞ、よろしくお願いします!
http://heartmaker.info/
| 鈴木剛介 | 2014/08/07 9:35 PM |









http://noise1129.jugem.cc/trackback/339
『THE ANSWER』
『THE ANSWER』鈴木剛介 ぐはっ!スゴい本、これ、うん、スゴい。 「世界中のすべての問いを解決できる答えはあるのか?」 この人出しちゃった。 だから『THE ANSWER』 で、答えがスゴいというより、そこに至るプロセス、ロジックがスゴい。 思い込み型人間
| chaos(カオス) | 2005/08/07 6:08 PM |