+Profile
このブログは「REDWELL」のコンテンツの一部です。
+Twitter
+RECOMMEND
A
A (JUGEMレビュー »)

オウムを内部から撮ったドキュメンタリー。価値観変わりますよ。
+OTHERS

無料ブログ作成サービス JUGEM

paperboy&co.
RSS 1.0
ATOM  0.3
<< May 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< 情報に関する本を読んだ | main | アジサイの写真 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |
1Q84  村上春樹

ようやく文庫が出たので読んだ。

現実的な世界観にファンタジーが入り込んだような物語の描き方も、
大きな意味で再生の物語であるという点でも
いかにも村上春樹という感じ。

一応はハッピーエンドと言えそうな終わり方だったけど、
主要人物が終盤で一気に退場してしまったり、
謎が謎のままで終わってしまった部分がたくさんあって
消化不良になっているところがたくさんあるかなぁ。

僕がストーリーを追いかけるのに精一杯で
そこに込められたメタファーを読み解くところまで
辿りつけていないせいかもしれないけど。

きっと読み返す度に新しい発見が得られる気がする。
時間が経ったらまた読み返そう。


| 小説 | 20:56 | comments(0) | trackbacks(0) |
スポンサーサイト
| - | 20:56 | - | - |









http://noise1129.jugem.cc/trackback/1667