+Profile
このブログは「REDWELL」のコンテンツの一部です。
+Twitter
+RECOMMEND
A
A (JUGEMレビュー »)

オウムを内部から撮ったドキュメンタリー。価値観変わりますよ。
+OTHERS

無料ブログ作成サービス JUGEM

paperboy&co.
RSS 1.0
ATOM  0.3
<< May 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< 1Q84 BOOK1 <4月~6月>    村上春樹 | main | 1Q84  村上春樹 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |
情報に関する本を読んだ
春木 良且
コメント:中高生向けに書かれた情報についての入門書。情報処理の話だけでなく、政治や経済などの現実に対して情報がどのような影響を与えてきたかが描かれていて、情報そのものについて考えることができるよい本だった。情報の扱いが苦手な大人にもおすすめ。

喜多あおい
コメント:テレビ番組リサーチャーの著者が、プロの情報収集方法について書いた本。【集める】→【仕分ける】→【使える】というテクニックとしての情報収集能力だけでなく、「集めた知識を使えるようになるには」という視点でいろんな考え方が書かれていて面白かった。

情報リテラシーってどういうことなのかを考えようと思って、
情報に関する本を読んでみた。

現代では情報=ITと思われがちだけどそうではないよねってことと、
情報とどう向き合って意識的に扱うかを考えないと
情報に翻弄されて情報の力を使えないってことを
わかりやすい表現で読める2冊だった。


| その他の本 | 15:58 | comments(0) | trackbacks(0) |
スポンサーサイト
| - | 15:58 | - | - |









http://noise1129.jugem.cc/trackback/1666