+Profile
このブログは「REDWELL」のコンテンツの一部です。
+Twitter
+RECOMMEND
A
A (JUGEMレビュー »)

オウムを内部から撮ったドキュメンタリー。価値観変わりますよ。
+OTHERS

無料ブログ作成サービス JUGEM

paperboy&co.
RSS 1.0
ATOM  0.3
<< October 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< 猫を抱いて象と泳ぐ  小川洋子 | main | 情報に関する本を読んだ >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |
1Q84 BOOK1 <4月~6月>    村上春樹

ようやく文庫化されたので読み始めた。


文体はアフターダーク以降の感じ。
2つの物語が平行して進みながら少しずつリンクしていく様子は
世界の終わりとハードボイルドワンダーランド」と共通していて、
華美な装飾のない文章ながらドキドキして読み進められる。

現実と非現実が微妙なバランスで交じり合ったような世界観と
情景の描写が細かいので読みながら映像が頭に浮かんでくるところが
村上春樹らしくてとてもよい。


BOOK2、BOOK3と進む中でどうなっていくのか楽しみ。
続きの発売が待ち遠しい。

| 小説 | 19:22 | comments(0) | trackbacks(0) |
スポンサーサイト
| - | 19:22 | - | - |









http://noise1129.jugem.cc/trackback/1665