+Profile
このブログは「REDWELL」のコンテンツの一部です。
+Twitter
+RECOMMEND
A
A (JUGEMレビュー »)

オウムを内部から撮ったドキュメンタリー。価値観変わりますよ。
+OTHERS

無料ブログ作成サービス JUGEM

paperboy&co.
RSS 1.0
ATOM  0.3
<< December 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< 晴れた休日には | main | 焼酎オーソリティがすごい >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |
アリス・イン・ワンダーランド  監督:ティム・バートン

IMAX3DでALICE IN WONDERLANDを観てきた。

大人になったアリスが
再び不思議の国に迷い込んで
アドベンチャーを繰り広げるお話。

ディズニー映画ということもあり
物語は比較的シンプルな勧善懲悪ものと言えそうだけど
善人も少しズレた感じがするのは
不思議の国のアリスの特徴がよく出ていた。
ただ、アリスよりもマッドハッターの方が
どうにも印象に残る作りになってるので
アリスを期待して観に行くと
ちょっと期待はずれかもしれない。
そこは原作を元に作られた二次創作なので
原作ファンにはもしかしたら賛否両論あるかも。

映像に関しては
「3Dでなければ!」
と思えるかは人によりそうだけど
ティム・バートンの世界観を立体的に感じられたのは
個人的には楽しい体験だったかな。
スタッフロールが始まるところの花の映像なんかは
3Dのよさを十分に楽しめた

あとはあれだ。
チェシャ猫が最高によかった!
ぶっちゃけチェシャ猫目当てで行ったけど
期待通りの出来栄えだった!

 

アバターを観た時にも感じたけど
3Dは映像の訴求力が非常に強いので
物語なり感情表現なりをより強めないと
映像に負けちゃうところがあるかもと個人的には思った。

 

アリス・イン・ワンダーランド
http://www.disney.co.jp/movies/alice/index.html

| 映画 | 01:49 | comments(0) | trackbacks(0) |
スポンサーサイト
| - | 01:49 | - | - |









http://noise1129.jugem.cc/trackback/1451