+Profile
このブログは「REDWELL」のコンテンツの一部です。
+Twitter
+RECOMMEND
A
A (JUGEMレビュー »)

オウムを内部から撮ったドキュメンタリー。価値観変わりますよ。
+OTHERS

無料ブログ作成サービス JUGEM

paperboy&co.
RSS 1.0
ATOM  0.3
<< March 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< たい焼き | main | もし高校野球の女子マネージャーがドラッカーの『マネジメント』を読んだら >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |
無常の見方―「聖なる真理」と「私」の幸福

スリランカ上座仏教長老の本。
タイトルに惹かれて読んでみた。

すべてのものは変化していて
同じ姿形でいるものは何もない。
その移ろいゆく世界の新の姿を知りなさい。
そして執着を捨てなさい。
という感じの本。

基本は客観的に現象を捉えるというアプローチで
そこから得られた認識を元にした無常の説明は
例も具体的で非常に分かりやすい。
っていうか、無常の例え話の内容が
僕が日常的に人に話してる内容と丸被りしてて
既視感がありすぎて
もしかしたら僕は悟ってるのかもしれないとさえ思った(笑)。
自分が考えてたことが仏教と親和性が高いのは
育った環境のせいかもしれんなと思ったりして
それはそれで内容とは別の楽しみがあってよかった。

春にしか桜を見ない人を引き合いに出して
人間は都合のいいところだけを見るってことを論じたりと
教訓になりそうな話もたくさんあって面白かった。


ただ、以下の点に関しては個人的に不満が残った。

1.上座仏教は釈迦の教えを伝える仏教で
  仏を拝む大乗仏教とは違って
  修行によって自らが悟ることを目的としているので
  宗教ではないし信仰もない。
  他の宗教は存在が確認されておらず
  人格的にも未熟な神を信仰している時点で間違っている。

  と言いながら明らかに釈迦を信仰している。
  もし書かれた内容が真理だとすれば
  誰が見つけたかということは重要でないはずなのに
  見つけた釈迦を特別視し
  釈迦にしかできないことがたくさんあるかのように語って
  釈迦を特別視している様子は信仰としか言いようがない。

2.そもそも真理を語るのであれば
  他の宗教がどうかということは問題ではないはずなのに
  わざわざ他の宗教を徹底的にこき下ろしている。
  それは不必要な争いを生むようなやり方だし
  そもそも他との比較で優劣が決まるのであれば
  それは相対的な価値でしかなくて
  絶対的価値である真実とは言い難いように感じる。
  ってか、そもそも絶対的なものはないって自分で言いながら
  釈迦の教えは絶対的な真理として扱うって・・・。
  
3.無常の概念は仏教しか気づいていないと言う驕りがある。
  福岡伸一の「生物と無生物のあいだ」に書かれてることは
  この本に書かれてる無常そのものだし
  相対性の話はソシュールの差異の体系と重なる部分がある。
  釈迦とは別のアプローチで
  そこにたどり着いた人々を蔑ろにしている。


本としてはいいところと悪いところがあって
両方を足せばプラスマイナスゼロかな。
まさに無常。

| 思想・哲学及びそれ関係の本 | 00:02 | comments(0) | trackbacks(0) |
スポンサーサイト
| - | 00:02 | - | - |









トラックバック機能は終了しました。