+Profile
このブログは「REDWELL」のコンテンツの一部です。
+Twitter
+RECOMMEND
A
A (JUGEMレビュー »)

オウムを内部から撮ったドキュメンタリー。価値観変わりますよ。
+OTHERS

無料ブログ作成サービス JUGEM

paperboy&co.
RSS 1.0
ATOM  0.3
<< July 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< チルドレン   伊坂幸太郎 | main | Black Clouds & Silver Linings   DREAM THEATER >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |
陽気なギャングが地球を回す   伊坂幸太郎
嘘を見抜く成瀬、天才的なスリの技術を持つ久遠、 
話し好きで演説家の響野、秒単位の体内時計を持つ雪野。 
4人の銀行強盗が織り成すサスペンス小説。 
二転三転どころではない最後の展開は 
スピード感があってスリリング。 
最初から最後まで登場人物や小物まで 
きっちりと使い切ってるところもさすが。 
軽快なエンターテイメントでありながら 
内容は意外とハードボイルドな感じがする。 
伊坂幸太郎の作品はやはりキャラクタが魅力的。 
個人的には強盗中に演説しちゃう響野が大好き。 
チルドレンの陣内も口数の多いキャラクタだったし 
そういうのが僕の好みなのかもしれないなぁ。 
| 小説 | 22:15 | comments(0) | trackbacks(0) |
スポンサーサイト
| - | 22:15 | - | - |









http://noise1129.jugem.cc/trackback/1287