+Profile
このブログは「REDWELL」のコンテンツの一部です。
+Twitter
+RECOMMEND
A
A (JUGEMレビュー »)

オウムを内部から撮ったドキュメンタリー。価値観変わりますよ。
+OTHERS

無料ブログ作成サービス JUGEM

paperboy&co.
RSS 1.0
ATOM  0.3
<< December 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< DECADE プレミアムエディション(完全限定生産) aiko | main | この素晴らしき世界 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |
悲しみの世界

争いを好まない人たちが
争いに異を唱えるために立ち上がり
争いを起こす勢力と争う。

自分の主義を押し通すために
他人に価値観を押し付けようとする人々がいる。
それに対抗するために築き上げた意見を
力ずくで押し通そうとする反対勢力がいる。

街頭にもテレビにもそんな人々が溢れていて
垂れ流される主張に心が痛くなる。
他人に干渉しすぎるから対立が生まれ
悲しみの世界が広がってしまう。
もっとお互いを許容しあえればいいのに。

| いろんなことに対する自分の考え | 00:15 | comments(5) | trackbacks(0) |
スポンサーサイト
| - | 00:15 | - | - |
なんかあったんですか?
| 西本 | 2009/03/17 9:30 AM |
「争いを好まない人たち」どうしを争わせて自分達だけ利益を得ようと「争いを起こす勢力」があります。

その存在を明らかにしているサイトに「アンチ・ロスチャイルド・サイト」があります。

その存在を許容し続けた結果が現在の世界状況なのでは・・・。
| PFC | 2009/03/18 6:47 AM |
>西本
なんかセンシティブな気分やっただけかな(笑)。


>PFC
そんな大きな世界を見ての日記ではなく
自分の生活の中で触れる世界の範囲のことを書いただけなので
ちょっと返答が難しいんですが
PFCさんがおっしゃられているような内容に対して
基本的な僕のスタンスがいくつかあるんですが
せっかくPFCさんが書き込みしてくれたので
その中でPFCさんの書き込みの返答になりそうなのを書いてみます。


1.自分と自分の回りの人の幸せを願い行動することが
  まず何かをするための前提条件である。
  自分が自分の回りの誰かを幸せに協力し
  結果的にその人に心の余裕が生まれたら
  その人も自分と自分の回りの幸せを願い行動すればいい。
  それが広がっていけば世界は幸せになるはず。
  個人が世界を背負う必要はないし
  自分の回りに笑顔をもたらす事が出来ないなら
  そもそも世界に幸せを笑顔をもたらすことはできない。

2.相手は相手が正しいと思うことをやっていて
  自分は自分が正しいと思うことをやっている。
  大切なのはそれぞれの立場から見た場合に
  どちらも自分が正しく見えてるであろうということ。
  双方の意見が相反する時に
  自分にとっては相手の意見は、
  相手にとっては自分の意見は、
  それぞれ納得出来ないものだから受け入れられない。
  強く主張すればするほど反発する。
  よって他者に何かを提案する場合は
  【相手にとって】納得感のある理由を添えた方が
  相手には届きやすいはず。
  相手に「それは利益がある」と思わせられないと
  なかなか相手は動かない。

3.「自分の意見が絶対だから、相手の意見こそが変えるべきもの」
  という考え方の人が最近多すぎる。
  相手を変えるのではなく
  自分が変わることで状況が変化することもあるはず。

4.ネガティブな勢力に対して
  ネガティブな行動で対抗する必要はない。
  例えば「革命」によって成立した国家は
  その成立時点で「革命」を肯定しているため
  「革命」によって再度転覆させられる可能性があるため
  いつまでたっても「争い」を内在させることからは逃れられなくなる。
  ガンジーのように暴力に対して非暴力でも対抗できるはずだし
  フェアトレードのようなポジティブな行動でも
  状況を変える力は生み出せるはず。

  
という感じです。
PFCさんの言いたいことも分かるんですけどね。
僕はこういう感じに思ってます。
| のいず | 2009/03/19 7:07 AM |
丁寧な返答をありがとうございます(^_^;)
1〜4は私ものいずさんと似たような感じに思っています。

のいずさんは「個人が世界を背負う必要はない」のに否応無く世界経済の渦中に放り込まれていることを「自分の生活の中で触れる世界の範囲」で日々感じませんか?

以前の私はワシントンであった反WTOデモでなぜ血が流れたのかわからなかったけれど、だんだんその理由が見えてきました。

その過程で自分に変化が起きたのかも知れません。身近なところで周りも少しずつ変わってきているのを感じます。

ネガティブな情報に惑わされないように気をつけつつ、去勢された動物みたいにならない程度にポジティブでありたいと思います。

リンクした記事にコメント下さった方が書籍情報を寄せてくれています。面白いそうなのでご参考までに。
| PFC | 2009/03/19 8:08 PM |
>PFC
回りはバンドやってる人とか役者やってるやつとか多いんですけど
バイトして好きなことやってって生活なので
僕も含めてそんなに世間にコミットした生活してないので
世界不況が起きた影響で自分の回りに何か影響があったかというと
ほとんどそゆのは感じないんですよねぇ。

まぁそもそも僕はほとんど人に会わないので
もしかしたら僕の周りでも不景気の影響受けてる人が
どっかにいるのかもしれないですけど。


いたこニーチェってすごいタイトルですね(笑)。
| のいず | 2009/03/19 10:12 PM |









http://noise1129.jugem.cc/trackback/1142