+Profile
このブログは「REDWELL」のコンテンツの一部です。
+Twitter
+RECOMMEND
A
A (JUGEMレビュー »)

オウムを内部から撮ったドキュメンタリー。価値観変わりますよ。
+OTHERS

無料ブログ作成サービス JUGEM

paperboy&co.
RSS 1.0
ATOM  0.3
<< December 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< DEATH MAGNETIC-STRONG EDITION   METALLICA | main | 天使のたまご  著:押井守、天野喜孝 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |
筋肉少女帯 デビュー20周年記念公演「サーカス団、武道館へ帰る」
というわけで筋肉少女帯の武道館公演を見てきました。

1曲目のサンフランシスコからテンションの高い演奏で
これはかなりいいんじゃないか!?
と思ったがオーケンが途中で完全にばてた・・・。
「チョコをくれ〜・・・」と言って
スタッフがチョコを持ってくるまで次にいけなかったり
完全にペース配分をミスってたのがおもろかった(笑)。
ライブ途中からライブハウスみたいに熱気が篭ってて
武道館でこんな暑くなったのは初めてかも。
1万人近くがダメジャンプやってる光景とか壮観やったなぁ。
音量がでかすぎてフレーズがよく分からん部分も多かったし
オーケンがエネルギー不足になったりしてたけど
1〜2年くらい一緒に演奏しているせいか
サポートドラムの長谷川浩二もかなりバンドと呼吸が合ってたし
最後は橘高がギター叩き折って
そのギターをアンプに投げ込んだりしてて
ロックバンドらしいパフォーマンスも
全体としてはエネルギーに溢れていいライブだったんじゃないかな。
個人的にはエディが気合入っててよかった。

20周年記念らしさと言えば
過去に一緒に演奏してた人が出てきて演奏してたのが
ちょっとお祭りっぽくはあったかな。
けど、旧メンバー達は特にMCもなく
出てきて演奏したらさっと帰ってしまったので
なんかちょっと物足りない感じがしたかなぁ。
ちなみに旧メンバーが演奏したのは以下。
・秦野猛行→僕の宗教へようこそ
・横関敦→キノコパワー
・みのすけ→福耳の子供
・太田明→バトル野郎
・アンコール時にみんなで大釈迦
特に印象的だったのは横関敦のギターソロかな。
見た目は地味な感じやったけど
ソロの速さと正確さと粒立ちが尋常じゃなかった。
まさにテクニカル系ギタリストって感じ。
唖然としました。
あとはやっぱり太田明のドラムかな。
ようやく太田明がドラムを叩く筋少が見れた!
と、とても嬉しかった。
大釈迦は完全にお祭り騒ぎで楽しかったな。


しかし、今日一番印象に残ったのは
最前列付近でものすごい勢いでヘッドバンキングしてた人。
たぶん武道館にいた多くの人は目を奪われたんじゃないかと。
あんなにきれいに円を描けるもんなんやねぇ。
僕は本物のヘッドバンガーを始めて見たけど
あれは真似できんわ・・・と思った(笑)。


とまぁ、なんやかんやで楽しんできました。
今日は筋少聞きながら寝るかな。
| ライブ | 00:33 | comments(2) | trackbacks(0) |
スポンサーサイト
| - | 00:33 | - | - |
筋肉少女帯はテレビで見たことあるけど、あんまりテレビに出ないよね

分かりましたーそのアルバムをまずは聴いてみます

メタル・ハードロックは好きだよ
| 直人 | 2008/09/23 9:44 PM |
まぁ、普通にテレビを見てる多くの人は
筋肉少女帯よりも普通の歌ものの方がいいやろしね(笑)。

メタルが好きな人なら
ほとんどの人が通ってるアルバムなので
ぜひ聞いてみてくだされ。
| のいず | 2008/09/24 7:28 PM |









http://noise1129.jugem.cc/trackback/1067