+Profile
このブログは「REDWELL」のコンテンツの一部です。
+Twitter
+RECOMMEND
A
A (JUGEMレビュー »)

オウムを内部から撮ったドキュメンタリー。価値観変わりますよ。
+OTHERS

無料ブログ作成サービス JUGEM

paperboy&co.
RSS 1.0
ATOM  0.3
<< December 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |
鉄道少女漫画  中村 明日美子

乗り換えましょうか
こっちの電車は山へ行きますけど
あっちの電車は海へ行きますよ

というこの漫画のセリフをTwitterで見かけて迷わず購入。
内容は小田急線をテーマにしたオムニバス集で
小田急線沿線に住む人々の生活に起こるドラマが描かれてる。

嬉しかったり楽しかったり
起こったり悲しかったり
そういった様々な感情を描きながらも
読み終わった後には心がほわっとする。
そんな作品でした。
最近こういうの読んでなかったなぁ。
とてもよかった。


| 漫画 | 21:05 | comments(0) | trackbacks(0) |
HUNTER×HUNTER NO.27

本誌で読んだのが随分と前だったので
細部はすっかり忘れてて
初めて読むみたいに楽しめた。
ナックルとモラウさんの活躍がばっちり。
あと、キルアの神速が最強すぎる。

HUNTER×HUNTERは
個々のキャラクタを丁寧に描写しているので
それぞれに思い入れを持って物語に入り込める。

今日発売のジャンプで本編も再開したし
今後の展開が楽しみで仕方がない。

| 漫画 | 00:46 | comments(0) | trackbacks(0) |
ベルセルク34巻   三浦健太郎
話の内容よりも絵に宿る西洋絵画的な残酷さが心に残る。 
今巻ではストーリーそのものを分かりやすく語らずに 
描写の中に暗喩するような手法が多いので 
一般受けはあんまりしないんだろうなぁ。 
文字通り新たに創造された新世界がどういうものなのか。 
次巻が待ち通しなぁって思うけど 
また随分と先になるんだろうなぁ・・・。 
| 漫画 | 22:23 | comments(0) | trackbacks(0) |
バガボンド31巻   井上雄彦
おばばとの死別は切なかったけど 
又八が最後には救われた感じでよかった。 
柳生石舟斎の境地はまさに悟り。 
実感としてこの境地にたどり着けたらすごいだろうな。 
武蔵は完全に一流の雰囲気になってきた。 
伊藤一刀斎との戦いがどうなるのか楽しみ。 

ところで、武蔵の目に映る殺気がスタンドに見えてしかたない。 
| 漫画 | 22:22 | comments(0) | trackbacks(0) |
HUNTER×HUNTER再開!
ついに再開した!
前回までの分もコミックで出た!
思ってたよりずっと早くてうれしい。
予想通りコミック一冊分書きためて再開っぽいから
ここから3ヶ月くらいは毎週楽しめそうだ。
下書きでの掲載もなくなるやろし
これくらいのペースで連載続けてくれたら
僕はもう大満足。
冨樫ありがとう。
ただ、読者投稿キャラによるハンター試験を
単行本の空きページでやるのはいいけど
十数時間もサイコロを振るのはどうかと思うぞ(笑)。
前のパワプロ大会もそうやけど
冨樫は意外と読者とのコミュニケーションを
大事にしてる印象があるなぁ。


あと、本誌の方でテニスの王子様が完結した。
終了フラグは立ってたから驚かないけど
キャプテン翼に通じるようなぶっ飛び方で
ジャンプらしいスポーツ漫画だったので
なくなると思うとちょっと寂しくはあるな。
そのうちマンガ喫茶で通し読みしたい。
ちなみに最後は作者自作の歌の歌詞が
ほぼ全編に渡って書き連ねてました。
内容は言わずもがな(笑)。
最後まで期待を裏切らない漫画だったぜ!
| 漫画 | 08:42 | comments(0) | trackbacks(0) |
バガボンド、ベルセルク、世界の車窓からDVDブック
帰りに閉店間際の本屋に行ったら
明日発売のバガボンドとベルセルクを発見!
それ用のお金を財布に入れてたので迷わずゲット。


バガボンドは「肉体の境地=精神の境地」って感じ。
今回も戦いのシーンばっかりやったけど
ストーリーよりも人間が濃くて
身体感覚とか覚悟とかの方が表現されて
日野晃さんとかがブログで書いてるようなことが
漫画に描かれてるなぁって感じか。

ベルセルクは・・・どこに向かってるんだ?(笑)
あの殺伐とした雰囲気が薄れて
冒険ファンタジーっぽいカラーになってきたな。
あと強さがインフレしすぎ(笑)。
まぁそれでも十分に面白いんやけどね。


今日は世界の車窓からを流しながら寝るかなぁ。



バガボンド 27巻

ベルセルク 32巻

世界の車窓から
| 漫画 | 00:50 | comments(0) | trackbacks(0) |
孤独のグルメ   原作:久住昌之 作画:谷口ジロー
個人輸入雑貨商を営む井之頭五郎。
彼が仕事の合間に食べる食事を描いたのがこの孤独のグルメだ。
それはグルメと呼ぶにはほど遠いものだけど
だからこそ独身サラリーマン男性に共通する
「孤独のグルメ」というに相応しい男の哀愁に満ちている。


っていう話やけど、これがかなり笑えるほんです。
まず無駄にハードボイルドな雰囲気。
台詞のほとんどは心の中の独り言で完結。
そしてなぜかいつも腹を減らしている(笑)。

台詞がどれも秀逸で
初回の登場シーンとか渋い顔で下町を歩きながら
「・・・・・・とにかく
 腹が減っていた」
ってどんだけハードボイルドやねん(笑)。
他にもカツサンドを食べながら
「こういうの好きだなシンプルで
 ソースの味って男のコだよな」
とかおもろすぎる(笑)。
でもシリアスに描かれてるバカバカしさを笑いながら
その孤独な食事に共感している自分がいて
漫画を通して自虐的な笑いを発してる自分を発見したりと
以外と心が動かされた漫画やった。

基本的に実在している(あるいは実在した)店のようで
僕が食べたことある店や
通ったことがある場所がいくつもあって
情景を想像しながら読めたのもよかったのかな。
| 漫画 | 17:54 | comments(0) | trackbacks(0) |
HUNTER×HUNTERが復活!!!!!!!!!!
http://blog.livedoor.jp/dqnplus/archives/1024790.html


この1年で一番嬉しいニュースだ。
正直、ちょっと涙でた。
冨樫でさえも頑張ろうとしてるんだから
僕も頑張らないとだなと思った(笑)。
| 漫画 | 17:07 | comments(0) | trackbacks(0) |
最近読んだ漫画
バガボンド 26巻  井上雄彦
天才・井上雄彦はどこまで行くんだ・・・。
書きながら武蔵と同じような境地に達しようとしてるんじゃないか。
そんな気さえしてくるほどにすごい。
読んでて思ったんやけど
この人は手塚治虫とは表現手法が対極な気がする。
手塚治虫は映画的な演出手法を用いながら
1コマで場面をガラッと展開させる。
物語の展開は早くスピード感もある。
作品に対する描き手の立ち位置に
俯瞰的な視点を感じることも多い。
井上雄彦は1秒の中に無限を内包するかのように
ある瞬間をどこまで細分化して描く。
物語の展開は遅くなるけどスピード感はものすごい。
登場人物に成りきってるように感じることもある。

だからなんだと言われたら困るけどね。
ふと思っただけです(笑)。


どばくちさいゆうき  西原理恵子・山崎一夫
体験ルポものの漫画を得意とする西原さんらしい本。
バカラ・競馬・麻雀・パチンコ・先物取引など
ギャンブルを体験して本にしてしまおうという本。
ギャンブルの費用は自腹。
普通に百万円単位のお金が動いててビビります。
白夜書房の編集長の末井さんなんて
億単位の借金を背負ってしまいます。
中途半端な芸人よりよっぽど体を張ってる(笑)。
ギャンブルって怖いねぇ。
でもそのどん底を楽しんでる感じが面白い。
「人生やったもん勝ち」を体現したような漫画。
ちなみに山崎一夫さんは銀玉親方として有名な
ギャンブルライターです。
ファミコンのパチンコゲームでお世話になったなぁ・・・(笑)。


サイバラ式  西原理恵子
これまた西原理恵子の本。
これは西原さんのファン向けかな。
山崎一夫さんが西原さんに行ったインタビューと
西原さんの漫画が交互に入ってます。
西原さんの叙情性の源がどこにあるかがよく分かる。
漫画は単純な切ないとか悲しいとかじゃなくて
なんかこう自分の心にある壁をすっと通り抜けて
そっと揺さぶりかけてくるような感じ。
叙情的な時の西原さんの作品を読んだ時に
自分の中に生まれてくる感覚って
何かに昇華したりするのが難しくて
自分の中にふわふわっと漂ってて
なんかギュってしたくなる感じ。
ってか書いてる感想の意味がわからんな、これ(笑)。
「どばくちさいゆうき」とは全く違う西原さん。
この2面性がとてもいい。




毎日かあさん4が出てるのは知ってるし
いつかは絶対読もうと思ってるけど
旦那さんだった鴨ちゃんが先日亡くなって
そのことについても描いてるみたいやから
今は読めないなぁと思って未購入。
だって西原ファンなら表紙を見ただけで泣くよ、これは。
| 漫画 | 00:36 | comments(2) | trackbacks(0) |
やばい
『おいピータン!』の8巻と9巻を購入。
勢いが止まらん・・・(笑)。
| 漫画 | 23:22 | comments(0) | trackbacks(0) |
 1/2PAGES >>