+Profile
このブログは「REDWELL」のコンテンツの一部です。
+Twitter
+RECOMMEND
A
A (JUGEMレビュー »)

オウムを内部から撮ったドキュメンタリー。価値観変わりますよ。
+OTHERS

無料ブログ作成サービス JUGEM

paperboy&co.
RSS 1.0
ATOM  0.3
<< August 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |
ザッパ・イン・ニューヨーク    フランク・ザッパ

持ってたけど昔バイト先の人に貸してそのままなので買い直し。

楽曲の完成度や演奏力の凄さは当然として、
そこにユーモアとキャッチーさがあるところがザッパの面白いところ。
変拍子ばりばりの難解さと印象的なメロディが入り交じっていて
聴いててホントに飽きない。
一番の山場はやっぱりBlack Page#2かなぁ。
超難曲で聴き応え抜群。

テリー・ボジオ、ブレッカーブラザーズといった
豪華メンバーによる超絶な演奏も
ザッパの手にかかるとザッパ印になるところは
さすがとしか言いようがない。

変な格好してるメンバーも多いのでCDだと姿が見えないのが残念だな。

今年はザッパ生誕70周年らしいので
持ってないアルバムをちょっとずつ買ってみようかなと思ってる。


| CD・DVD | 23:34 | comments(0) | trackbacks(0) |
THE SONIC EXECUTIVE SESSIONS

ピアノを基本としたサウンドにポップなメロディ、
QUEENを思わせるようなコーラスワーク。
流行の音なんてここにはない。
ただいい曲があるだけ。

STEELY DAN、THE BEACH BOYS、
JELLYFISH、QUEEN、BEN FOLDS辺りが引き合いに出されてるけど
それも納得のサウンドではある。
ただしそれは模倣って意味じゃなくて
それらのエッセンスを受け継いでいるってだけで
この3人にしか鳴らせない音を出してると思う。
日本だと山下達郎がイメージとしては近い感じかな。
これはほんとに上質のポップソング集。
素晴らしい。

| CD・DVD | 22:20 | comments(0) | trackbacks(0) |
雑草のうた

Buono!の移籍第一弾シングル。
Buono!はなんか好きなんだよなー。
キャッチーなポップロックなところがいい。

タイトル曲よりはカップリングのラナウェイトレインが好みだったな。

| CD・DVD | 22:03 | comments(0) | trackbacks(0) |
ザ・ビッグ・フォー~史上最強の夜!
ビッグフォー(日本ではスラッシュ四天王)と呼ばれる4バンド、
METALLICA、SLAYER、MEGADETH、ANTHRAXが
一同に会して行われたライブのDVD。

ANTHRAXはストリート感覚溢れた曲と演奏で楽しい。
SLAYERはハードコアな演奏が強烈。
MEGADETHはテクニカルで美しい。
METALLICAはとにかくビッグなバンドだ。

どれを見てもテンション上がる。
この組み合わせで日本来ないかなぁ・・・。

| CD・DVD | 22:02 | comments(0) | trackbacks(0) |
「ハチメンロック」と「狼のあくび」   ハネムーン

少しだけボーカルの二宮君に縁があって
いい曲を書くと聞いていたのでずっと気になっていたので
メジャーデビューを機会に聴いてみた。

「ハチメンロック」「狼のあくび」の両方に関して
一聴して最初の感想は 【まっすぐなポップロックだなぁ】。

それはありきたりだよって意味ではなくて
小細工やギミックに走らずに
好きな音楽から受けた影響と等身大のバンドの姿を
そのまま詰め込んだ音楽だなってこと。
可能性を感じて前へと進む若さが心地いい。

「ハチメンロック」と「狼のあくび」を続けて聴くと
総合力で順当に成長しているし
スタイルの変化も含めてどうなっていくのか
楽しみにしながら観ていきたいなと思った。

楽曲的には「PET ROCK」「ハネムーンのテーマ」
「リザード」「会いたくなった」が個人的には好みだった。


ライブまだ観てないのでそのうち観に行きたいな。


| CD・DVD | 14:48 | comments(0) | trackbacks(0) |
ソラトネ YOUNG TONGUE
DVC00284.jpg
友人のやってるYOUNG TONGUEというバンドのCDを
名古屋近鉄のタワーレコードでゲット。
ちょっと不思議な気分。
| CD・DVD | 19:34 | comments(0) | trackbacks(0) |
BABY   aiko
aikoの2年ぶりのアルバムが出た!
ので、さっそく買ってきた。

タイアップ曲が多いせいもあるのか
キャッチーで耳馴染みのいい曲が多いなぁという印象。
ある瞬間に生まれた感情を切り取ったような歌詞も
切なくてとてもよい。

aikoは大きく変化するタイプのアーティストじゃないけど
アルバムごとに今までになかったようなメロディの展開もあるし
aikoらしさを失わないようにしながら
少しずつ新しい世界に歌声を広げていく様子は
活動の仕方やキャラクタと合っていて
常に等身大な感じがして好感が持てる。

aikoの曲は聞けば聞くほど味が出る「スルメソング」だし
また何百回と聞くんだろうなぁ。
| CD・DVD | 19:58 | comments(0) | trackbacks(0) |
LIGHTNING AMPLIFIER 1000SAY

1000SAYのニューアルバムが出たので買ってきた。

今まではわりとポップ寄りというか
すっきりとしたアレンジが多かったけど
今回のアルバムは音数が多くて密度が高く
今までに比べて激しい曲が多いかな。
前2作に比べて音質がよくなって音圧も上がってて
そのおかげで激しさや音の密度が十分に堪能できる。
けど、メロディがポップなので耳馴染みがよくて聞き易い。
聞いてて踊りたくなる曲が多いし
ライブで盛り上がりそうなアルバムやと思う。

全体としてエレクトロとロックの融合がさらに進んだ印象で
アレンジも演奏も幅が広がって新しい方向性に向かってる。
こうやって次に進めるエネルギーを支えてるのは
メンバー個々人の感性や技術の向上なんやろな。
見た目にも雰囲気が出てきたし
がんばって売れて欲しいなぁ。

| CD・DVD | 22:46 | comments(0) | trackbacks(0) |
LIVE AT READING  NIRVANA
とりあえずめちゃめちゃかっこよかった。

荒い演奏の中でも3人の呼吸が一つになって
有機的に絡み合ってバンドの演奏が出来上がってる。
荒っぽい演奏の各楽器のフレーズをちゃんと聞くと
ギターだけ、ベースだけ、ドラムだけで抜き出しても
どの曲なのか分かるだろうなぁってくらい
楽曲の中で楽器が歌ってる。
このDVDは音がクリアな分だけ
各楽器の在り方がよく分かる。
 
自分の思い入れを抜きにしても
やっぱNIRVANAはすげーバンドだなぁと思う。
 
思い入れ込みで見ると
やっぱりカートの透明すぎる瞳が
どこか遠くを見つめてる姿が切なくなる。

クリスは身長が高いので弾いてる姿がかっこいい。
そして楽曲に広がりを持たせるベースフレーズが
NIRVANAを支えていると思う。

デイヴは僕の中で最高のドラマーなので
もう言葉にならんくらいだけど
個人的な見所をあえて述べるなら
両手でクラッシュシンバルを叩くところを見て欲しい。
自分の存在全てを叩きつけるように
全身でクラッシュを打つ姿は鳥肌モノだ。
あと、曲にぴったりとはまるフレーズの歌い方は
のちに自らギターボーカルをするようになっただけあって
とても音楽的で素晴らしい。


見ている途中で自分がバンドを始めた時に
こんなバンドになりたかったんだということを
ものすごくはっきりと思い出した。
やっぱりNIRVANAは僕にとってとても特別で大切なバンドだ。
世界の多くの人にとってそうであるように。
| CD・DVD | 21:39 | comments(0) | trackbacks(0) |
Black Clouds & Silver Linings   DREAM THEATER
 限定版の3枚組みを買った。 
1枚目は新作アルバム。 
2枚目はカバーアルバム。 
3枚目は1枚目からボーカルを抜いたやつ。 

新作は6曲中4曲が10分越え(最長19分16秒)という 
DREAM THEATERらしい大作の並んだアルバム。 
前作はインプロ寄りというか 
テクニカルだけどメロディが弱い印象だったけど 
今作はメロディがあってメタリックでテクニカル。 
ポップさと超絶さのバランスが取れてて 
最高傑作とは言えないまでもかなりの良作だなと思う。 
1曲目にはブラストビート(テンポは遅いけど)も導入されてたりで 
いまだに新しいことに挑戦し続ける姿勢には脱帽する。 

カバーもDREAM THEATERの魅力として定番化してるけど 
今回のカバーもかなりクオリティが高くていい感じ。 
RainbowのStargazerは自分たちの曲かと思うほどはまってる。 
King Crimsonの太陽と戦慄 パート2のカバーは 
演奏がうますぎてあの狂気の感じが出てないかなって思うけど 
この曲をカバーしちまうか!とすごすぎて笑っちまう感じ。 

3枚目は楽器演奏者がコピーするのに役立ちそうね。 
僕には無理ですけど(笑)。 
| CD・DVD | 22:17 | comments(0) | trackbacks(0) |
 1/8PAGES >>